メロウで心豊かな時間を。

アラフィフ兼業主婦。再婚して5周年を迎えました。だいたい直観で生きてます。

アファメーション④ハンドメイド作家

「ハンドメイド作家になりたいなぁ。自宅で仕事が出来るのって最高やん❗️」

たぶん3年くらい前からそう思ってる。

f:id:kazu823:20210417130218j:plain


f:id:kazu823:20210417130254j:plain

f:id:kazu823:20210417130632j:plain

マンション内にはアトリエを設てしまい、すっかりその気になっている。

f:id:kazu823:20210417130549j:plain

f:id:kazu823:20210417130418j:plain


ひたすら無になって編むのが好き。

もっと数量が増えてきたら、

販売先をどないかしないと!



自己満足

嗚呼楽しいなぁ💕

嗚呼幸せやなぁ💕

アファメーション③お花屋さん

「わあ〜お花屋さんにみたい〜」とエツに入りながら、出荷準備をする。

f:id:kazu823:20210416115143j:plain

産直への出荷作業も3年目に入った。

コウヤマキやシキミ等の主力商品だけでなく、私の好きなお花類も出荷してみたいと思うようになった。


山に咲いていて「わ!可愛いや〜ん」と思ったお花は、ネット検索し問題がなければ積極的に商品化する。

商売やってる感があり、なかなかの醍醐味!

f:id:kazu823:20210416115224j:plain

「お花屋さんみた〜い、うふ〜ん」と自己満足。

嗚呼、楽しいな💕

嗚呼、幸せやな💕

アファメーション② スイーツ職人

夫に庇護されているお陰様で、

思いつくまま、興味ある事に挑戦できる自由がある。


ホテル内レストラン、ラウンジ、カフェ勤務が長かったのでスイーツ関連は大の得意分野。


「パテェシェールかショコラティエになりたいなぁ〜」とウワゴトを言う。

クックパッドを熟読し、バスクチーズケーキにチャレンジしたり。

f:id:kazu823:20210415205041j:plain


スコーンを焼いてみたり。

f:id:kazu823:20210415205120j:plain

お店屋さんチックにラッピングし

嬉しくなっちゃう私。


嗚呼、楽しいなぁ💕

スイーツ職人気分。

自己満足。

嗚呼、幸せ💕

アファメーション①

再婚する際の願望で、激しくアファメーションしたのが【私は夫に愛され庇護されている】という内容。

それまではシングルマザー。
熱血店長でメンタルがやられた後は、
フルタイムパートに変わったが、やはり熱血気質が災いし、心身共に疲弊した。

f:id:kazu823:20210415175920j:plain


無事に再婚し願い事が叶い、アファメーション通りに、(過分な)愛情を注がれ、庇護されている。

そういう具合で現在は、週2日のお気楽パートさんとしてイオン内のお菓子屋さんで働いている。
山の家では、産直に出荷する商品の荷造りを担当し、まぁまぁ退屈せずに暮らせている。



今世の使命 ③

【私を待ってる人がいる】と言う想いはいつからか私の胸の中に漠然とあったが、コロナの往来自粛がキーになりより明確になった。

そして今回の【名前の意味とその使命】で確固たる目標に変わった。



【私を待ってる人がいる】

両親だけではない。私は四人姉弟の長女だが縁あって家族になった彼ら。

そして丹波神戸三田大阪の数多くのお友達。そして当たり前過ぎて忘れてたけど2人の我が子。


f:id:kazu823:20210412230242j:plain



私のエネルギーやパワーは大きいらしいので、【私を待ってる人】の元に馳せ参じ、力になりたい。

大切な人を元気づける勇気づける応援する事が出来る。

大切な人の吐露を、真心で受け止め聴く事が出来る。



その使命を全うする為に、

自由に動ける私になる事を意図する。


今宵「原点回帰・新しい挑戦・スタート」がキーワードの牡羊座新月にも、そう宣言しておこう。


今世の使命 ②

私が生まれ育ったのは兵庫県丹波市

実は母親とあまり気が合わなかったので早くに自活をしたいと願っていた。

高校を卒業し六甲山ホテルに就職が決まってからはずっと神戸市民。


実家に帰る事はほとんどなかった。

子供を産んだ後の里帰りくらいかな。

でもその時でさえ、育児に関して親子喧嘩になる始末。昔と今は育児の常識が違うからね。

親子やから喧嘩も出来るんやろうけど、お互い傷つくしひどく疲れる。

再び実家からは遠ざかった。


しかしながらコロナで往来自粛になる度に、私にはある思いが浮かぶ。

やっておかねばならない事がある。やっておかねば、必ず後悔する事がある。それは親孝行。


足腰も気も弱り、運転をやめた母親。時々電話をするが、声を聞くだけで、元気な日と気分が優れない日がすぐにわかる。今でも現役主婦で父親と弟のご飯の準備をしている。



f:id:kazu823:20210412214237j:plain

筍や山菜を発送した連絡のついでに弟に

「なんかさぁ、もう親も80過ぎてるやん?私は18歳で家を出たし親孝行もしてへんしな。元気なうちに両親と時間を共有しておきたいな、と思ってな。田植えの時に飯炊き係でいっぺん実家に帰ろうと思ってる」と言っておいた。